about

ABOUT Jorge Linares

世界3階級制覇【ホルヘ・リナレス】

主なタイトル
  第43代WBA世界ライト級チャンピオン
  第39代WBC世界ライト級チャンピオン
  第37代WBA世界スーパーフェザー級チャンピオン
  第38代WBA世界フェザー級チャンピオン

戦績
 52戦 47勝(29KO)5敗

Profile
 出身:ベネズエラ、バリナス
 生年月日:1985年8月22日
 憧れのボクサー:オスカー・デラホーヤ

再びチャンピオンへ
17歳で来日し、日本でプロデビュー。そしてベネズエラ生まれのサムライとして数々の名勝負を演じ世界のリングを魅了し続けてきたリナレス。
2018年王者陥落後、再びチャンピオンに返り咲く為に、日本に活動拠点を移しモチベーション新たに走り始めた。
Boxing without limits.リナレスのストーリーはまだ続く。

「 ゴールデンボーイ 」
世界の人々は彼をそう呼ぶ。

2002 年、彼は 17 歳で初来日し帝拳ジムの門戸を叩いて以来、ボクシングと日本の文化を学んだ。 そして、「ベネズエラ生まれの侍」としてショービジネスのスター街道を登り詰めてきた ホルヘ・リナレス。
彼は日本が輩出したボクサーの中で最も成功したボクサーと言っても過言ではない。

「ボクシングをしろ!」
ときにトレーナーはこう発する。
それは「殴り合え!」という意ではない。
「相手の一手一手を予測して、攻撃、防御を駆使して戦略に基づいて戦え!」という意である。
ボクシングは将棋、チェスに例えられるほどの戦略性に富んだスポーツ、 ボクシングの魅力はショービジネスの枠の中だけには収まりきらないのである。

あらゆる猛者をマットに沈めてきたフィニッシングブローの右ストレート。
相手がフィニッシングブローと分っていてもそれを見切れないのは、「パワー」だけでなく 「技術」と「戦略」が融合した天賦の才の証である。

51 戦 46 勝 5 敗の戦績からすると、彼は決してパーフェクトなボクサーではない。
しかし、負け=引退、のボクシングの世界で、彼は負けても必ず立ち上がり絶対に諦めない。
その「精神」「スピリット」はまさに「武士道精神」そのものである。

I will always face the challenge.
Winning a belt is not everything.
I fight to inspire the other with dignity.
I fight to tell stories
That is what being a champion means to me.


SPONSORSHIP & SUPPORT

VENUM

株式会社細山田商事

SEV

No,No,Yes!

BLION

URBANSUN

NCA

MBT

GINZA CAVE

EVEREST FITNESS